東京駅出張マッサージは、頑張っている自分へのご褒美

出張などで年に数回、ホテルに泊まることがあります。仕事がらみで泊まった時は、頑張っている自分へのご褒美として出張マッサージをお願いしています。
肩こりがひどい時に、時々近所のサロンでマッサージをしてもらっていますが、主張マッサージでは、ボディケアではなくアロママッサージをお願いしています。リラクゼーション効果が高く、安眠できるからです。
アロママッサージは、もみほぐし系というより、血液の流れやリンパの流れを促して、体の中から綺麗になるという感じのマッサージですが、肩こりに悩んでいることを伝えると、ボディケアに負けないくらいしっかりと揉み解してくれるセラピストさんもいます。
マッサージの後でお水を飲むと、体内のめぐりが一層よくなるそうで、そのせいかどうか、お通じも改善されます。出張マッサージだとノーメイクでも平気だし、マッサージ後すぐに眠れるので、アロママッサージは女性におすすめですが、私自身は最近タイ古式マッサージに興味が出てきています。
ストレッチ効果によるマッサージで、とにかく気持ちが良いそうです。肩こりにも効きそうだし、ストレッチによって安眠効果もあるそうです。
最近は、出張マッサージもバリエーションが豊富になってきているので、機会があれば、いろいろ試してみたいです。

東京駅の歴史について

東京駅は大正3年に創建されました。建築家である辰野金吾氏によってデザインされたその姿は当時の人々から絶賛されていたようです。しかし、昭和20年の繊細によって消失。創建時には3階建てだった駅舎ですが、戦後に2階建てになってからそのままの状態が続いていました。しかし、2007年に3階建ての工事が始まり、2012年には創建当時そのままの姿が再現されています。特殊な建築であるため5年もの月日がかかりましたが、その甲斐もあって、今を生きる人々にとっても東京駅は特別な存在であり続けているのです。戦火によって消失をしたとしても、その人々からの威光を失うことは無かった東京駅。それは単なる移動手段としての鉄道としての側面ではなく、人々が集い別れる場所。そして日本の文化の象徴として誇り高い場所という証明にもなるのかもしれません。もしも東京駅にいく機会がありましたら、その外観や象徴的なシンボルとも言える南北のドームにも注目してみましょう

https://www.tokyo-ravijour.com/pag12/tokyo-station/